スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お子様視点の新・三銃士

今週から金曜日になったので、その旨をムスメ(4歳)にも先週の金曜から伝えておいたところ、今日の夕方から何度か「三銃士は金曜日なんやろ?」と確認が入りました。
「だから、今日はないねんなぁ」と、金曜日の放映を楽しみにしているようです。
一体どこを面白いと思ったのかは謎なのですが、園のお友達とも『新・三銃士』の話題で盛り上がっていたそうです。(びっくり!)
お友達が「三銃士見とる人、手ぇあげて~!」と言ったそうで、もちろん「はーい!」と挙げたとか。
更にそこへムスメが続けて、「三銃士の本、持っとる人、手ぇあげて~!」と言ったそうですが、そんな人誰もいません!(苦笑)
お友達とは「三銃士面白いなぁ!」「ダルタニアンがおるねんで」とお喋りしたと言うのですが、4~5歳児ってどんなふうに語っているのかしら?!
いや~ん!私も混ぜてもらいたいです!

三銃士の本、というのは、ガイドブック買ってしまいました。
まさか買うとは全然思ってもみなかったのですが、10話連続の効果は絶大で、すっかり洗脳されてます。
大事に読みたいところですが、ムスメが非常に興味を持っていて、「ダルタニアンや~!」と大喜びで読んでいるので…カバーが~~~。
あのカバー、非常にめくれやすくて扱いにくいので、既にヨレヨレです…。
その後も自分から「三銃士の本、見して」と、ときどきめくって読んでます。
ロシュフォールのページでは、怖いので急いでページを進めたりしながら(笑)

結局まだ、三銃士の名前は誰も覚えられなくて、「ダルタニアン」「ろしゅほーる」の他は、何故か「ベルトラン」。
またマニアックなところを…と思うのですが、何故かとても印象的だったようで、「何でベルトラン、死んどむたん?」「ベルトランはお父さん!」などなど、ベルトランについてのコメントが多いです。

公式サイトを見ていたらとても喜んで、一緒に見ていました。
一番喜んでいるのが、最初の幕が上がって、キャラクタが並んでいる目次ページ。
誰が出てくるかお楽しみなのが、とっても楽しいようで、「次は誰かな~?」と言いながら本気で楽しんでいます。
おかげでこのページばかり何度も見る羽目に…(泣)
『登場人物』のところでは、ベルトランの絵がダルタニアンの顔に変わるのに、声を出して笑うほど大ウケ。
プランシェの出てくるところも喜んでいました。
そう言えばお子様だからプランシェとか好きかと思ったのですが、意外と興味はないようです。
誰が好きか聞いてみたところ、名前は忘れた…と言いながら指差していたのはアラミスでした。

おお!

と思ったものの、何で~???
スポンサーサイト

つらつらと感想

とりあえず、思いつくままに。

9話の衝撃シーンと言えば、アトミレー!
そんなサバサバしちゃってて良いのー?!
まさかそんな展開になるとは思いもしなかったので、ケティに話しかける様子にはびっくりしました。
ミレディーと5年ぶり、結婚生活3年(だっけ?)ってことは、ケティは最低でも8歳以上ってこと???
あの様子だと、ケティはミレディーの結婚前からの連れ猫かと思ったのですが、結婚生活中に飼い始めたのかな?
でも6歳くらいにはなっているわけだし、意外と年寄り…とか思いました。
衝撃的と言えば衝撃的だけど、あんなアトミレも良いなぁ。
今までそういう可能性は考えたことがなかっただけに、とっても新鮮です。
いろんな設定を使っているけど、全部良い感じに期待を裏切ってくれるので、本当に楽しみ♪

後はアラミスがお香を焚いてヨガしていたのも素敵だったり、ダルタニアンの青いセリフも笑いました。
「放っておけないんだ」だっけ?「僕がいないと」だっけ?
いやー、若さだなぁっていうのが嫌味ないところが素敵。
ポルトスとのやり取り、かなりツボでした。

10話を見て思ったんだけど、リシュリューって王妃ラブ???
人形劇始まってから、「王妃ラブって設定じゃないんだ~。そうだったら良いのに~」って思っていたのですが、今回見てひょっとして?と思いました。
そうだったらそれはそれで楽しみ♪
でもラブだとしても、王妃の部屋に勝手に入ってきてセクハラはどうかと思います(笑)

バッキンガムはまだ様子見。
もうちょっと極端でも良いんだけど、これからに期待。

王妃とバッキンガムを会わせることで、三銃士の協力を仰いでいたけど、もっと知恵を借りるのかと思っていたら、単なる力技要員だったとは(苦笑)
コンスタンスが「リシュリューの思い通りにさせないためにも協力を」と言って、アラミスが感心するシーンがあったけど、それって思い通りにしたくなければ、2人が逢引しなきゃ良いだけでは?
コンスタンスのへ理屈~と思っていたのに、アラミスが感心して「ええ?!」と思いました(苦笑)

ダルタニアンの少年ぽさはかなり好きなのですが、何かを彷彿させるものの、何か思い出せなくて引っかかってます。
アニ三ダルもあんな感じだなぁとは思うのですが、それとも違う何か、なんだけど思い出せない~。
で、思い出しながら思いついたのがグリーンウッドのスカちゃん。(私が言うのはマンガです)
あの青っぽさはスカちゃんみたいで、アトスとアラミスが光流先輩と忍先輩みたいだなぁ~なんて。
としたら、ポルトスが瞬?!
無鉄砲な男の子を、年長者が見守る様は好きだなぁ。

ムスメがとうとう、「だるたにあん」を覚えました。
私が公式サイト見ていたら、「あ、だるたにあんや!みたい~」ですって。
次に覚えたのが「ろしゅほーる」。
でもろしゅほーるは怖いからイヤなんだそうです。
ふと思ったのですが、いつか将来原作を読むようになって、「プランシェが人間だ!」って驚くのかしら?!

オネショは例え話だよね?

8話を見て思ったこと。

アンヌ王妃、スゲー!
これに尽きます。
まさか城を脱出(?)するとは思わなかった。

そのシーンを見て浮かんだコトは、徳川吉宗@暴れん坊将軍。
お忍びで城を抜け出しちゃうなんて~。
となるとコンスタンスはお庭番?!
じゃ、銃士隊はめ組だな。
隊長が頭か…。
などなど、置き換えが止まりません(苦笑)

ということを考えていてつながったのですが、ミレディもいわゆる時代劇に出てくるようなチャキチャキの江戸っ子な雰囲気。
女ねずみ小僧とか、お上にたてつく町娘(って年じゃないだろうけど)的な、そういう歯切れの良さを感じました。

森のシーンなどは何気にアトアラだったので、ムフフと嬉しかったりも。
原作のアトアラも良いよね♪
それにしても三銃士のダルタニャンに対する懐の深さというか、理解の深さにはほれぼれします。
あそこまで好き勝手やらしておいて、それに気付いていてもしばらくは放っておいてみたり、影から見守る姿勢がカッコイー!
理想の大人像だわ。

それとアラミスのアドバイスもすごかった。
オネショなんて言うから何事かと思ったけど、言いたいことはとても深かった!
そうだよなぁ。信頼してるってそういうことなんだよなぁ。(で、コンスタンスは信用しちゃだめなんだね・笑)
TVの近くで聞いていただけのオットも、「アラミスの言っていたことはかっこよかった」と絶賛しておりました。
そしてやっぱりロシュフォールが怖いムスメです。(あれは演出が怖いんだと思う)

そのネタは…

今週はきちんと毎回見ようと思っていたところ、不測の新型インフルエンザがやってきたので、見逃しというか流し見しかできないのが悔しい!

でも昨日は、ロシュフォールのコメディシーン(?)がかなりツボでした♪
『新・三銃士』のキャラクタでは、今までときめかなかったキャラでときめいている気がします(笑)

ミレディが侍女に…というのは、以前、アニ三の同人ネタで考えていたネター!
まったくのパラレル的なネタだったのですが、ミレディがリシュリューの手先とばれる前に、宮殿に送り込まれていてアンヌ王妃やコンスタンスのお姉さん的存在になって…みたいな壮大な話を考えていた時期があったことを、思い出しました(苦笑)
オチはどうだったかしら…。(多分考えてない)

娘も一緒に見ていますが、遂に「さんじゅうし」という言葉はインプットされたもよう。
でも、キャラクタの名前は覚えにくいようで、三銃士とロシュフォールが出てくるたびに「これだれやっけ?」と名前を聞かれるのは勘弁願いたい(泣)
おかげでいつも台詞がききとれません…。

以下、拍手お返事です☆

続きを読む »

陛下

Image583.jpg

ドングリでルイ13世を作ってみました。
髪の毛はどうしようかな~。毛糸かな~。
本当は鼻をつまようじで作ってとんがらせたいんだけど。

そうそう、ミレディーの初登場のシーン、小舟に降り立つところが、アニ三のアラミスに見えて仕方ありませんでした。
ケティはそのまんまペペだし。
プランシェはさしずめコピー???

プリンプリンにしか見えない

妹に録画を頼んでいた1話から、これまた隙を見て2話まで見ることができました。
感想。

人形劇の王道じゃない?!

何てったって『プリンプリン物語』と『ひげよさらば』で育った世代ですもの。
あの人形たちの動きは私の脳のふかーいところに、インプットされているんです。
実はすっかり忘れていたんだけど、見た途端に妙に懐かしくなってね☆
場面の切り替わりとか、人形の動く絶妙の間というか、テンポが、非常にNHK人形劇らしいなぁと思いました。
今までの歴史があって、この人形劇がある、そんな感じです。

そのせいか。

アンヌ王妃がプリンプリンにしか見えない…(爆)
あの髪形、お姫様としてのドレス、そして物腰、プリンプリンが成長して女王様になったのね…にしか見えません。
アンヌ王妃の上品で優雅な物腰はプリンプリンそのものですよね?!(誰か同意を!)
ま、あそこまで気が強いわけではないのですが、大人になってたくましくなったプリンプリンかなと。

プランシェがプリンプリンに出てきた『モンキー』にしか見えないし(苦笑)
だから余計プリンプリンちっくに感じるのかも。
全然似ていないけど、ポルトスが『火星人』とだぶります。
なんでだろ???

そしてルイ13世について。
「ドングリ?」
というのは、妹の感想。
なるほど!
我が家には山ほどドングリがあるので、早速ドングリ人形を作ってみます!

ミレディーは髪の色&悪女ってことで、『ヘドロ』っぽいし。
4歳のムスメ、ミレディーをしばらく見てから「このひとは、わるいひと?」と考えていました。
騙したとかその辺はよくわかってなかったようですが、本能的に悪役なのを理解したようです。
しばらく考えていたものの、5話最後の方を見て、「やっぱりわるいひとやった」と納得。
あの枢機卿の間(?)みたいな部屋は、とても怖いらしく、出てくると私にくっついて怖がっています。


お話の方は三銃士をベースにしつつ、架空の世界のお話になっていて、面白いなぁと思っています。
映画でも何でも、忠実なのも見ごたえはあるけど、そうなると返って「どこまで忠実か」が気になるし、どう料理しているか楽しむ余地がないから。
最初は『パリ城』に「えー!?」って思ったけど、そこまでちゃんとオリジナル路線でいくなら、返って別物として楽しめます♪


あ~でも5話の最後に、人間と人形が一緒に出てドキドキした~(汗)
ムスメはまだ人形は本物と信じているので、ちょっとびっくりしていたけど、「ちぃさいなぁ」とのみコメント。
操っているところなんて、絶対に映さないで欲しいけど、それは大丈夫かな…。
(教育TVではしないと思うけど、NHK総合はニュース枠で着ぐるみを脱ぐシーンとか流しまくるから困る!!!)


そしてとうとう、ブログのカテゴリに『人形劇』追加です(笑)

我慢できず…

我慢しきれずに、人形劇見てしまいました(笑)
しかも今日の部分のラスト5分ちょいくらいだけ。

それだけ見て思ったことは、ポルトスがすごく素敵なんですけど!
ヤバイ、想像以上に好みです(笑)
一緒に見ていたオットは、ポルトスのサイズが小さいことが気になったそうですが、あれで身長高かったら操るの大変なんじゃないかしら。
これまた一緒に見ていた4歳のムスメは、熱心に食いついていたのですが一言。

「これ、本物なん?」

ほ、ほんものって!!!!
まだまだ純粋な4歳ちゃんは、着ぐるみだって本物だと信じているし、アニメのアンパンマンだって本物だと信じてます。
このお人形たちももちろん本物!(だから特番の録画は一人でこっそり見よう…)
ただ、最近はお祭りの天狗のお面を被った人を見て、「あれは本当は人間ちゃうかなぁ?」と疑いを持つようになったので、そろそろ人形だと気づく頃かも…。

そして、ロシュフォールが出てきたら、相当怖かったようで私にぴったりくっついて怖がっておりました。
これだけ怖がってもらえたら、制作冥利も尽きましょう!

問題が1つあるとしたら、18時は我が家では夕食真っ只中なので、なかなか見るタイミングが難しいところ。
うーん、毎週金曜日だけは17時半から夕食にしなければ!(どちらかと言うと18時半?)



以下、拍手お返事です☆


続きを読む »

ご無沙汰しております

すっかりご無沙汰しておりますが、元気でーす。

今週から始まった人形劇、ちょうど不在がちのために全然見ていないのですが、録画はしてあるので(妹が)、週末にでもまとめて見られたら、来週こそはリアルタイムで追いかけたいです♪


<近況>

7月:
人生で初めて人間ドックを受ける。
めっちゃくちゃ健康体であることが判明。
今が人生でいちばん健康な時期かも…。

8月:
お盆の帰省やら、身内の不幸やらでどたばた。
近くの小学生に家のものを盗まれたり、金魚が1匹死んでしまったり、家族で好きだった施設がなくなる発表があったり、イイコトのない一カ月でした。

9月:
8月を引きずって、いろいろとドタバタ。
ダンスの発表会もあって、練習練習の日々でした。

10月:
少しは落ち着いたものの、周りから相談事を持ち込まれたりと、まだまだ現在進行形のコトが多いです。
秋は行事も多いしね!
私としては人形劇にムハムハして、三銃士どころかアニ三の世界に没頭したいのに~。

そしてその後は12月にある、ダンスの発表会に向けて…かな?

そんなこんなで、今年はそろそろ本づくりしたい!と思っていたのに、断念でございます。
温かい応援のお言葉を下さった方々、ごめんなさい!
(とか言いつつ、人形劇見たらまた違うコト書いていたりして・笑)
でもブログの方は復活して、ちょこちょこ書いていきたいです♪
最近の記事
プロフィール

みかげ

Author:みかげ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。