スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者はこりごり

半年に1度くらいの割合で、歯医者には通っています。
私は虫歯にはならない体質(?)のようで、歯は全然傷まないのですが、コーヒーを愛飲しているせいか汚れの付着が酷い。
歯並びも悪いので歯石も溜まりやすく、半年ごとのクリーニングは、ヘアカットのごとくすっきりするイベントとして、楽しみにしていました。

が、ここへ来て前歯に不具合発見…!




年のせいで歯茎が弱っているのか、前歯に隙間が急にでてきたのが半年前。
それに加え、先々週に歯の隙間付近が磨り減っていることを発見。
ひょっとして虫歯になりかかってる?!
今更虫歯?しかも前歯?と慌てて行きました。

「前歯の隙間が怪しい感じで…」と伝えたところ、30代後半っぽい男性医師は「はいはい、う~ん、ははぁ…」と言いつつ何やら始めました。
しばらく席を離れて何かを用意して、あれ?そのまま治療が始まった?!
あの~これって何の現象なのでしょう。
それと治療方針などは…?!
と焦ったのですが、何も言わずに延々と治療を続けられました。
説明が何も無かったので何をされているか不安倍増、もしかして抜いている?まさかね…でも何か痺れる薬がついてる…!麻酔?いや、麻酔なら事前に言うよね?いや、田舎の医者は適当だから、勝手に歯を抜いているのかも!…それって犯罪だよー!あ、隙間に詰めているみたい。え?でも勝手に詰めてるの???

と、悶々と怯えつつも20分強。
何をされているか分からないことが、こんなに怖いものだとは思いもしませんでした。
口を開けて治療しているから、きくにきけないし(泣)
でも終わってからも説明は一切無し。
こちらから「虫歯ではなかったのですか」と尋ねても「まぁそうですね。ほうっておいたらそうなった可能性も云々…」って、絶対に断定的に喋らない歯切れの悪さ。
その治療方針が一般的かもしれないけど、前もって説明してくれないと、私の意見がいえないじゃないかー!
虫歯ではないのなら、「ケアに注意して治療しない」って選択肢だってあるはずだし。
終わった直後はあまりの事態に呆然としていたのですが、勝手に体に異物を埋め込まれたという不快感が、後々に沸々と湧き出てきました。
安全な素材だと信じているから使っているんだろうけど、今の時代何にだってアレルギー反応ってあるし、それに…田舎に医者は信用できないことを1年で身をもって学んでいるので(泣)
そうか、勝手に治療しちゃうのも含めて信用できないのか…。

診察室を出て、待合室のソファに座った私の目に飛び込んできたポスター。
「当院ではインフォームドコンセントに力を入れております。症状や治療方針を納得のいくまで丁寧に…」
納得いかないどころか、全く説明されない、治療開始すら教えてもらえないなんて(ガクリ)
もうどんな医者にも行きたくなーい!

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

最近の記事
プロフィール

みかげ

Author:みかげ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。