スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗本さん

栗本薫さんの訃報。

それを聞いた時にすごいショックを受けて、自分が思っている以上に大きな存在だったんだなぁと今になって思い知りました。
少し前に、闘病記の本を出されていたのを見つけ、最近は読んでいないけどそれだけでも衝撃があったばかりなのに。
時代がひとつ終わってしまったような、非常に寂しい気分です。




私が栗本さんの作品を一番読んでいたのは高校生の頃。
図書室には結構いろいろとそろっていたので、ぼくらシリーズ、伊集院大介シリーズ、魔界水滸伝などミステリ&ファンタジー系はかなり読みました。
中島梓名での「コミュニケーション不全症候群」も図書室で借りたっけ。
グインは知っていたけど、その頃は50冊近く出ていたので、どうしようかな~?と迷っている内に時期を逃して未読です。
栗本さんの作品は緻密というか、きちんと計算されていて矛盾がなく、本当に頭が良い人が書いているんだな~と思って読んだものです。
あ、そうか。
図書室でばかり借りていたから、全然著書を持っていないのか!
そして卒業したら読まなくなったのか!
今気づきました(苦笑)

それでそういう『頭の良い人』に非常に憧れて、東京の大学に行くことにしたのでした。
今思うと「何でやねん!」と突っ込み満載なのですが、高校生の頃の思いこみは激しいので、それくらい影響力があったのです。
栗本さんの作品とともに高校時代はあったんだなと、今になって思い知りました。

その気持ちを誰かと共有したいのですが、栗本さん繋がりのお友達は特にいなくて(一人で読んでいただけだから)、ここを読んで下さっている方なら読者の方もいるかな?と思い、ちょっと吐露させてもらいました。
うー!寂しいよう!
…でもこれからの人生、こういうことがどんどん出てくるんだろうな。(そしてそれが人生)

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

最近の記事
プロフィール

みかげ

Author:みかげ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。