スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンプリンにしか見えない

妹に録画を頼んでいた1話から、これまた隙を見て2話まで見ることができました。
感想。

人形劇の王道じゃない?!

何てったって『プリンプリン物語』と『ひげよさらば』で育った世代ですもの。
あの人形たちの動きは私の脳のふかーいところに、インプットされているんです。
実はすっかり忘れていたんだけど、見た途端に妙に懐かしくなってね☆
場面の切り替わりとか、人形の動く絶妙の間というか、テンポが、非常にNHK人形劇らしいなぁと思いました。
今までの歴史があって、この人形劇がある、そんな感じです。

そのせいか。

アンヌ王妃がプリンプリンにしか見えない…(爆)
あの髪形、お姫様としてのドレス、そして物腰、プリンプリンが成長して女王様になったのね…にしか見えません。
アンヌ王妃の上品で優雅な物腰はプリンプリンそのものですよね?!(誰か同意を!)
ま、あそこまで気が強いわけではないのですが、大人になってたくましくなったプリンプリンかなと。

プランシェがプリンプリンに出てきた『モンキー』にしか見えないし(苦笑)
だから余計プリンプリンちっくに感じるのかも。
全然似ていないけど、ポルトスが『火星人』とだぶります。
なんでだろ???

そしてルイ13世について。
「ドングリ?」
というのは、妹の感想。
なるほど!
我が家には山ほどドングリがあるので、早速ドングリ人形を作ってみます!

ミレディーは髪の色&悪女ってことで、『ヘドロ』っぽいし。
4歳のムスメ、ミレディーをしばらく見てから「このひとは、わるいひと?」と考えていました。
騙したとかその辺はよくわかってなかったようですが、本能的に悪役なのを理解したようです。
しばらく考えていたものの、5話最後の方を見て、「やっぱりわるいひとやった」と納得。
あの枢機卿の間(?)みたいな部屋は、とても怖いらしく、出てくると私にくっついて怖がっています。


お話の方は三銃士をベースにしつつ、架空の世界のお話になっていて、面白いなぁと思っています。
映画でも何でも、忠実なのも見ごたえはあるけど、そうなると返って「どこまで忠実か」が気になるし、どう料理しているか楽しむ余地がないから。
最初は『パリ城』に「えー!?」って思ったけど、そこまでちゃんとオリジナル路線でいくなら、返って別物として楽しめます♪


あ~でも5話の最後に、人間と人形が一緒に出てドキドキした~(汗)
ムスメはまだ人形は本物と信じているので、ちょっとびっくりしていたけど、「ちぃさいなぁ」とのみコメント。
操っているところなんて、絶対に映さないで欲しいけど、それは大丈夫かな…。
(教育TVではしないと思うけど、NHK総合はニュース枠で着ぐるみを脱ぐシーンとか流しまくるから困る!!!)


そしてとうとう、ブログのカテゴリに『人形劇』追加です(笑)

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

最近の記事
プロフィール

みかげ

Author:みかげ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。