スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画見てきた

11月はムスメの県大会やら行事で大忙しのうちに終わってしまいました。
遠方の練習に出かけた時に2時間ほど待ち時間があったので、その間にマスケティアのプレイを進めていたのですが、大会が終わると練習が無くなったのでそれ以来プレイできず。
現在トレヴィルルート2回目中なのですが、クリアできるのはいつのことやら…。

と、そんな中、やっと映画見てきました!
大会終わったら行こう~と思ってたら、最終日直前でした(^^;

一言で言うと「おもしろかった!」☆
私はどーも映画を2時間じーーーーっと座って見るのが苦手で、途中で一度くらいは「早く終われ~」と思うタチなのですが、今回は一度も思わなかった。
これってかなりスゴイことなので驚きです。

それともう1つ気付いたことがあって、「三銃士を好きでよかった」ってこと。
小学6年生でアニメで見て初めて出会った作品だけど、年を経ても本を読み返したり、映画を見たり、新しい媒体で発表されて楽しみにできて、楽しめる、こういうのを一生続けて行けるんだな~と思うと幸せな気分になりました☆
映画が始まってしばらくしてから、「なるほど、今回の映画はこういう設定でいくのね」と思っていたのですが、そういう風に体験できる作品があるって嬉しいなぁと。
この先何十年か生きていく内にも、まだまだきっと新しい媒体の三銃士に出会えるだろうし、その度に「今回のは○○だったな~」とか楽しめるかと思うと、しみじみとワクワクしました(笑)


以下、ネタバレ含む感想は畳みます☆☆☆






とりあえず思いつくままにサクサクと感想を。


アトス、まるっきり敵風な登場なんだけど(笑)
あれは絶対に敵だと思ってたらアトスでびっくり。
で、「潜水が得意」って設定にもっと深い意味があるのかと思ったけど、舞台は空中だからあまり活躍しなかったねぇ。
ミレディとの関係にはびっくりしたけど、不二子ちゃんだと思ったら納得。
でも幸せそうなラブラブな2人は見ていて楽しかった!
そういうシーンで楽しいと思った自分も新鮮(笑)
一応、ミレディの本命はアトスってことで良いのかな?
愛を語らっていたのはアトスだけだよね???

アラミス、ビジュアル的に好き!
でもいつもどんな三銃士ものでも、アトスと途中で混乱する私…。
船に飛び降りるシーンではアニ三アラミスを彷彿しちゃって、一人で萌え萌えしてました♪
アニ三のコンスタンスの小舟に飛び降りるシーン、ものすごーーーーく好きなのよ~~~~。
で、10分で何するの?

ポルトス、思っていたよりカッコ良かった!
片耳ピアスがセクシー、と思っていたけど、バッキンガムも片耳ピアスだった。
なので価値半減。
怪力シーンはありきたりだったけど、新しい服を新調しているシーンはポルトスらしくて好き。
2着買っちゃうところも♪

バッキンガムは普通???
アンヌとの関係があるのかないのか…。
過去に何かあっても今は別に愛してないってことだよね?
ミレディがバッキンガムに手紙を書かせるシーンとかあるかな~と見てみたかったけど、なかったのが残念。
手紙を書いたりするくらいから、愛してはいるのかしらん。

ミレディは何かもう途中からよくわからなくなってきたけど、あれはもう原作通り「自分大好き」で良いのかしらん。
アクションシーンは楽しめたけど、この映画でそこまでせんでも…と思ったりも。
ちょうど映画館の予告で流れてた『ミッションインポシブル』と混同しちゃいそう。
いやま、娯楽映画だから楽しくって良いんだけど、どうせなら三銃士達のアクションもあれくらい入れて欲しかった~~~。

ロシュフォール、あんまイイトコなしでちょっと憐れ。
剣で決闘しないで銃を使いまくる辺りは結構好き。
何か合理的で好きなんだよね。
あの髪の毛結っているのも、マスケティアのロシュ先生を彷彿しちゃったわ。
もうちょっとカッコイイシーンも見せて欲しかったな~。
最後までイイトコなかったので、最初出会ったときにダル殺してれば良かったのにね、と、ちと同情。

あ、書くの忘れてたけどダル。
すごくダルっぽいダルで見ていて楽しかったです。
でも、馬を侮辱されて決闘だとか、違反切符切られて決闘だとかはどうかと思うよ(苦笑)
旅立ちのシーンの両親の台詞のすぐ後に撃たれてたりするのでねぇ。
無鉄砲さは可愛くって好きだし、コンスタンスとの会話も楽しかった!
「パリでは通用しない」口説き方がダルらしくってね!

アンヌ王妃が可愛いのかふけているのかよくわからなかった。
可愛い感じはするんだけど、妙にしわ寄せた表情が多くて、本当は結構年がいってる役者さんなの???
気丈に?リシリューに立ち向かっていく姿が好き。


場面的には40対4、が楽しかったな~♪
やっぱりああいうシーンが三銃士らしいな~と思ってしまいます。
あんなアクション見るとワクワクしちゃって、自分も何か体動かしたくなったり(笑)
私ってすぐ自分もやりたくなっちゃうたちなので、アクションを見るたびに空手とか習おうかと考えちゃうわ~。
やっぱり小気味よく動くのっていいよね♪

冒頭のイタリアのシーンもロンドンのシーンも、三銃士の立てる作戦って作戦になってないような気がする。
イチカバチカの運任せが多すぎるよ(笑)
いや、見てる方はそれでも良いけどね。
ロンドンでも飛行船でも、ダルが中にいるにのバンバン打ちまくっているしね(笑)
そういう娯楽映画だから良いんだけど、もうちょっと考えようよ!とツッコミまくりでした☆

見たのは2Dの字幕という普通の形式だったのですが、字幕の訳が微妙…。
一番えー?!と思ったのが、飛行船へ飛び移るアラミス。
確かポルトスに「jump」と一声かけて飛び移るんだけど、「行こう」みたいな訳でガッカリ。
日本語の選び方に面白みがないというか、ひねりが無いのが残念でした。
長い台詞は字幕頼りだけど、短い台詞は英語の方が楽しめたかも☆
後、プランシェの「ですよね」とか。
マスケティアでもコンスが言っていたけど、この現代流「ですよね~」はそぐわないように感じるので、こういう台詞を入れる脚本に個人的には幻滅です。
好みの問題なんだけどさ。

とまぁ、訳に不満はちとあったのですが、でも全編娯楽的に楽しめたってのは嬉しかったです☆
日本語吹き替えもあるからムスメと一緒に行っても良いかな?と思ったけど、やっぱり爆発やら暴力やら激しいので、もうちょっと大きくならないと無理だわね。
でもホント、こうやって一生、長くゆるりと楽しめる作品があるのは幸せなことです☆☆☆

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

最近の記事
プロフィール

みかげ

Author:みかげ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。